新クラブ誕生の明るいニュース

3月17日(日)横浜つるみワイズメンズクラブ(仮)の設立総会が横浜YMCAが運営する横浜市鶴見中央地域ケアプラザで開催されました。湘南・沖縄部に新しいクラブができるのは2009年11月に沖縄クラブが創設されて以来10年ぶりのことで、まさに快挙といえます。昨年来、辻剛ワイズ(つづきクラブ)を委員長とするクラブ創設を目的とするエクステンション委員会の努力が実ったものです。新クラブは久保勝昭ワイズ(つづき)が主導してきた「歌声ひりば」のメンバーが中心で7名の女性と会長になる久保ワイズの8名で発足します。

設立総会には田中博之アジア・太平洋地域会長を始め東日本区の主要な役員、湘南・沖縄部各クラブの代表60名以上が参列してつるみクラブの門出を祝いました。

チャーターメンバーになる8人のメンバーです。

懇親会に参列した東日本区役員の皆様

部長沖縄公式訪問

2月16日(土)~17日(日)恒例の部長沖縄公式訪問が行われ、佐藤節子部長以下8名が沖縄YMCAで開催された沖縄那覇クラブ並びに沖縄クラブの合同例会に参加しました。横浜クラブからは青木担当主事と金子ワイズが参加しました。本年は、次年度の部長が沖縄クラブの森田孝二郎ワイズとあって沖縄クラブからも5名の参加者がありました。合同例会では、佐藤部長が挨拶した後、各々のクラブ会長から活動状況の報告をいただきました。

合同例会の後の懇親会では、例年通り大森節子ワイズ(沖縄那覇クラブ)手作りのお馳走がテーブルに所狭しとならべられ、サンシン演奏の余興もあって交流のひとときを楽しみました。

翌日は沖縄那覇クラブが準備したエクスカーションを沖縄YMCAの小型バスで案内いただき、沖縄の歴史と戦争の爪痕を見学しました。