第3回ワイズカップ幼児室内サッカー大会開催

10月13日(土)第3回ワイズカップ横浜YMCA幼児室内サッカー大会が横浜中央YMCA体育館にて開催されました。この大会は幼児の体位向上を目指して子供たちに運動の機会を提供するとともにサッカーへの興味を呼び起こすことを目的に中央YMCAと横浜北YMCAで行われている幼児サッカー教室の子供たちに参加を呼び掛けています。開催に当たっては横浜クラブと横浜つづきクラブが第1回大会より支援しています。

今年の参加者は16名と例年より少なめでしたが、体育館をところ狭しと駆け回るこどもたちに応援に駆け付けたワイズメンや保護者の方々はみな元気をもらいました。

第6回横浜YMCA専門学校日本語スピーチコンテスト開催

9月5日(水)第6回横浜YMCA専門学校で日本語を学ぶ留学生による日本語スピーチコンテストが神奈川県民ホール・小ホールを会場として開かれました。今回は横浜中央YMCAに加え、厚木YMCAと川崎YMCAの日本語学科の留学生も参加したため厚木ワイズメンズクラブも共同主催者に加わりました。スピーカーはベトナム、韓国、台湾、中国、フィリピン、ネパール、マダカスカルからの11名。最優秀賞には介護の仕事を生涯の仕事としたいと熱弁をふるったフィリピンからの留学生バロンガ・メレットさんでした。

スピーチコンテストの後、横浜中央YMCAに場所を移して、スピーカー、指導者、ワイズメン、一般語学留学生が交流のひと時を持ちました

横浜クラブ8月例会・納涼会開催

8月23日(木)横浜クラブの8月例会・納涼会が横浜ビール「驛の食卓」で開催されました。今年も、今村ワイズ率いるkolohe今村ハワイアンの演奏とポエポエフラの皆様によるフラダンスを楽しみながらの暑気払いでした。参加者は22名と少な目でしたが、古賀ワイズの軽妙な司会にハワイアンを踊りだす仲間もあり、盛り上がりをみせる楽しい納涼会でした。

加藤邸納涼会参加報告

8月21日(火)恒例の横浜とつかクラブ/鎌倉クラブ合同の納涼例会が加藤利榮邸で開催されました。21回目を迎えるこの納涼会には例年ゲスト、在京メンバーも多く参加し部会に匹敵する懇親の場になっています。今年の参加者は38名でした。今回のメインプログラムは加藤ワイズの司式による岡 進さんの再入会式でした。

天候にも恵まれ、日中とは打って変った涼風と加藤邸ならではのご馳走に時を忘れる楽しい納涼会でした。横浜クラブからは7名が参加しました。

第25回AIDS文化フォーラムin横浜開催

8月3日(金)~4日(日)「第25回AIDS 文化フォーラムin横浜」がかながわ県民センターで開催されました。横浜YMCAが運営事務局となり、運営組織委員長を田口務総主事(横浜ワイズメンズクラブ・メンバー)が担っています。ワイズメンズクラブ東日本区も協賛すると同時に湘南・沖縄部も組織委員会の一員として協力しています。本年は「#リアルとつながる」をテーマに医療や保健、性教育、性的マイノリティー、感染者支援関係者が5,000人以上参加しました。(写真はオープニングで挨拶する田口総主事)

第1回エクステンション委員会

7月30日(月)今年度第1回エクステンション委員会が横浜中央YMCAで開催されました。エクステンションとは会員増強のために新しいクラブを創設しようとする運動です。今年度は横浜つづきクラブの辻剛ワイズを委員長として活動が開始されました。横浜クラブからは古賀健一郎ワイズと金子功ワイズが委員として参加しました。

9月の例会ニュース

9月10日(木)の横浜クラブ例会には横浜YMCA学院専門学校日本語学院にベトナムから留学中のNguyen Thi Xoai (女性)通称ソアイさんをお招きして「私の国ベトナムの魅力」と題するお話を聞きました。ソアイさんは前回の外国人留学生による日本語スピーチ・コンテストにも参加した学生で、堪能な日本語で、ベトナムの美しい観光地、おいしい食べ物, ベトナム人気質等ベトナム戦争とはかけ離れたイメージのベトナムを紹介してくれました。ベトナムの民族衣装アオザイ姿でベトナム女性の魅力も十分に伝えてくれました。期せずして、9月は、神奈川県が「ベトナム月間」としてベトナムフェスタを開催し、ベトナム理解と経済交流を推し進めた月でした。

第70回Y-Y’s協議会開催

9月1日(火)第70回Y-Y’s協議会が横浜中央YMCA501号会議室で開催された。Y-Y’s協議会は横浜YMCAと湘南・沖縄部各クラブ(除沖縄)の代表者が情報交換を行う場で年4回行われている。単純に計算してもすでに17年以上も継続して行われてきたことになる。このようにYMCAとY’sが定期的に、長期にわたって話し合う機会を持っているケースは珍しく全国の他のYMCA, Y’s からも高く評価されている。

今回の中心的トピックスは横浜YMCAが計画した「子ども支援(BAPY)基金への募金」活動で、募金目標額は550万円に設定されている。横浜YMCAは募金活動の一環として「横浜YMCAゴルフ大会」を計画しワイズからの積極的な参加を求めた。湘南・沖縄部長が実行委員長を務める10月17日に予定している第18回チャリティーランについても計画の概要が確認された。

横浜クラブ8月例会・納涼会開催

8月27日(木)恒例の例会・納涼会が横浜ビール「驛の食卓」で行われました。今年もKolohe今村ハワイアングループのハワイアン演奏とポエポエフラのフラダンスグループの出演とあって、ゲスト、ビジターを含め39名の参加があり賑やかでした。「驛の食卓」は日本におけるビール発祥の地「横浜」の地ビール・レストラン。5種類のビールを堪能した後はハワイアンの伴奏に合わせ「憧れのハワイ航路」を参会者全員で合唱、最後には手をつないで「アロハ オエ」をうたって名残を惜しみました。

横浜YMCA委員研修会開催

8月22日(土)横浜YMCAの委員研修会が湘南とつかYMCAで開催されました。委員研修会とは横浜YMCAの運営に関わる各YMCAの運営委員、常置委員会(会員事業、国際事業、ユースリーダーシップ開発等)委員、常議員会委員が一堂に会して、YMCAのスタッフ並びに委員相互のつながりを強めYMCA運動をいかに有効に展開するかを学習する研修会です。

今年の研修会では「YMCAの活動を通じて実現したい平和とは」と題して横浜YMCA各分野で活躍するユースリーダーや若手職員4人をパネリストとして招き、ユースの平和に対する考えを聞いたのち5~6人ずつのグループに分かれて分団協議をしました。参加したレイパーソン30人のうちワイズメンズクラブからは今城湘南・沖縄部部長はじめ9人のワイズメンが参加しました。横浜クラブからは伊藤メネット、高田ワイズ、田口ワイズ(総主事)金子ワイズの4人が参加しました。

« 前のページ次のページ »